レビュー
» 2014年12月15日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「HP-UX」から「Red Hat Enterprise Linux」への移行計画ガイド

1社のベンダーへの過度な依存は、自社のビジネスの自由を制限してしまう恐れがある。広く使用されている業界標準に基づいたフリーなテクノロジーに移行することで、コスト抑制だけでなく、既存ITの拡張時にも役立つだろう。「HP-UX」からの移行を例に解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 利用中のITシステムについて、1社のベンダーに過度に依存する危険をおかしていないだろうか? 経済情勢が不安定さを増し、合併や買収でベンダー集約が広がる中、ユーザー企業からはベンダーによる束縛を懸念する声がかつてなく多く聞かれるようになった。1社のベンダーに過度に依存するとコスト上昇への脆弱性が増し、自社のビジネスに最適な行動をとる自由が制限され、極めて不利な状況に置かれる恐れがある。

 プロプライエタリなテクノロジーを、広く使用されている業界標準に基づいたフリーなテクノロジーに移行すれば、ITのコストを抑制できるだけでなく、利用中のITエコシステムを拡張する上でも役立つだろう。

 このホワイトペーパーは、Red Hatコンサルティングが制作した「HP-UX」から「Red Hat Enterprise Linux」への移行ガイドである。この戦略的移行計画は、ユーザー企業にとって移行を安全かつ効率的に実施するためのロードマップとなる。移行を準備する際にとるべき計画立案手順の他、実施とトレーニングの一般的な標準やベストプラクティスなどを取り上げているので、最大限のコスト節約と知識移転を現行の業務にほとんど影響を与えずに実現できるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ