ニュース
» 2014年12月18日 18時00分 UPDATE

第3のプラットフォームを「経営基盤」にせよ:国内IT市場動向、2015年はどうなる? 企業の将来を占う「10のメガトレンド」 (1/2)

2015年の国内IT市場でカギとなる技術や市場トレンドは何か。ベンダーの動きはどうなるか。我々は何を考え、実行すべきか。IDC Japanが「2015年IT市場の主要10項目」をまとめた。

[岩城俊介,ITmedia]

 調査会社IDC Japanが、2015年国内IT市場の動向予測と見解をまとめたリポート「IDC Top 10 Predictions」を公開した。カギとなる主要10項目は以下の通り。

  1. 国内ICT市場は微減傾向だが、「第3のプラットフォーム」の成長は続く
  2. 「エンタープライズモビリティ」の試用期間が終了し、導入効果が厳しく問われる
  3. 「クラウドネイティブ時代」の幕開けとなる
  4. ビッグデータを活用した「デジタルマーケティング」に向けたIT投資が始まる
  5. 第3のプラットフォームは「ITインフラサプライヤーの自己変革」を加速させる
  6. 「IoTプラットフォーム」を巡るサプライヤー間の覇権争いが激化する
  7. 「企業内ITユーザー部門(業務部門)が主導」する投資プロジェクトが加速する
  8. ニューワークスタイルに取り組む企業の増加と、「職業の再定義」が始まる
  9. 「次世代のセキュリティ技術」の導入が進む
  10. 各企業のトップ企業が、第3のプラットフォームを「ビジネス基盤として」活用し始める
photo 市場概況「2015年、IT市場は新たなイノベーションアクセラレータにより、“イノベーションステージ”に入る」(※プレゼン資料画像内 IT市場の3割→ICT市場の3割、IT市場の4割→ICT市場の4割 に修正)

 2014年は、クラウド、モバイル、ビッグデータとアナリティクス、ソーシャル技術、4つの主要技術で構成される「第3のプラットフォーム(Four Pillers)」がIT市場の成長を支えた。ICT市場全体においては、スマートフォン分野のマイナスをWindows XP更新需要が相殺し、前年比ほぼフラット(0.1%成長)だった。このPC成長の反動で、2015年は全体でマイナス成長(-1.7%)になると予測される。一方で、第3のプラットフォームはすでにICT市場の3割を超えており、2018年まで年4.3%で成長、2020年にはICT市場の4割を超えるとみられている。

 これまでのクライアント/サーバシステムである“第2のプラットフォーム”が衰退しつつあり、第3のプラットフォームは大手ITサプライヤーの経営方針の最重要課題となった。2015年の国内市場においては、第3のプラットフォームはIT産業の枠を超え、全産業においてトップ企業の成長と市場拡大を支えるビジネス基盤へと進化を続けると予測する。

 具体的には、第3のプラットフォームの上で新たな成長を促す「イノベーションアクセラレータ」(革新を加速させる技術や潮流)に位置付ける以下6つのキーワードがより明確になり、台頭してくる。

  • 3Dプリンティング
  • IoT(モノのインターネット)
  • ナチュラルインタフェース(人間が直感的な動作で扱える操作の仕組みや方法)
  • 認知システム
  • パーベイシブロボティクス(Pervasive Robotics)
  • 次世代のセキュリティソリューション
photo IDC Japan リサーチバイスプレジデントの中村智明氏

 ITベンダーは、さらなる成長のためこれらの新たなコア技術への投資の集中を迫られ、ICTのエンドユーザーであるITプロフェッショナル企業との協業と競争という、新たな試練に直面する年になると同社は提言する。

 「IT市場は新たなイノベーションアクセラレータにより“イノベーションステージ”に入る。第3のプラットフォームはITプラットフォームの枠を超え、すべての企業のビジネス基盤になる。つまり、ITは効率化の手段だけでなく、“経営”の基盤になるということ。どれが欠けても基盤エンジンにはならない。開発者を惹きつけ、自社基盤を育成し、イノベーションアクセラレータで示す項目をビジネスにした新規市場の開拓、産業特化型ソリューションとして、これまでのビジネスモデルの破壊と再構築──を提言する。2018年までに第3のプラットフォームをビジネスプラットフォームとして活用しない企業は、市場から脱落する──と言えるほど、最も重要な市場競争力の源泉になる」(IDC Japan リサーチバイスプレジデントの中村智明氏)

 次ページより、主要10項目の詳細を説明する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -