レビュー
» 2015年02月02日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:徹底検証:データベースのBCP/DR対策

東日本大震災を受け、企業のBCP/DR対策に関心が寄せられている。「最も停止してはならない業務は何か」を考えた場合、多くの企業においての生命線は重要システム(データ)だ。データベースにおける各種BCP/DR対策手法を見ていこう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 東日本大震災以降、事業継続計画(BCP)、災害対策(DR)は重要な関心事となっている。BCP/DRを実施する際、考慮すべきは「最も停止してはならない業務は何か」だ。多くの企業において、重要システム(データ)アクセス不能が事業継続障害となり、ビジネス損失に直結する。企業が最優先で保護すべき最重要資産は「データ」であり、データ保護の観点でデータベースのBCP/DR対策が必要だ。対策には適切な保全対象やレベル選定とともに明確な運用ポリシーの確立が必要になる。

 CTCによる本資料では、Oracle DatabaseにおけるBCP/DR対策手法や導入ポイントについて紹介する。BCP/DR対策では、各システムの重要度/要件に応じた策(製品・機能)を検討する必要があるが、要件によって手法や設計ポイントは異なる。資料では各方式の比較や構成例を詳細に解説。適したBCP/DRソリューション選定の参考としてほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -