ニュース
» 2015年03月13日 07時22分 UPDATE

Flash Playerの更新版が公開、深刻な脆弱性を修正

特にWindows版とMac版では直ちにアップデートを適用するよう呼び掛けている。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは3月12日、Flash Playerの深刻な脆弱性を修正する更新版をWindows、Mac、Linux向けに公開した。これに先立ちMicrosoftとGoogleは、Adobeに先行する形でInternet Explorer(IE)やChromeブラウザにバンドルされたFlashの更新版を10日にリリースしていた。

 Adobeによると、Flash Playerの最新版では計11件の脆弱性を修正した。悪用された場合、攻撃者にコードを実行されたり、クロスドメインポリシーやファイルアップロード制限などのセキュリティ機能を迂回されたりする恐れがある。

 これら脆弱性は、Flash Playerバージョン17.0.0.134(WindowsとMac向け)、13.0.0.277(延長サポート版)、11.2.202.451(Linux向け)でそれぞれ修正された。特にWindows版とMac版では優先度「1」に指定して、直ちにアップデートを適用するよう呼び掛けている。

fpsec01.jpg Flash Player更新版で11件の脆弱性が修正された

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ