ニュース
» 2015年05月25日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Computer Weekly日本語版 :Windowsから脱却するときが来た?

「Windowsエコシステムから脱却するのか否か」をテーマにITリーダーたちが語ったイベントの模様をリポート。他に、ムーアの法則50周年で岐路に立つIntel、MySQLからMariaDBへの移行、データアナリティクスによる人員配置でコストを削減した事例を紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ge_cw16791.jpg

 Computer Weekly日本語版 5月20日号は、以下の記事で構成されています。

■ムーアの法則から50年──新ビジネスモデルを模索するIntel

 「ムーアの法則」が発表されてから50年。デスクトップ市場は縮小し、サーバ市場も先細りは確実。Intelはビジネスモデルの転換を迫られている。

■明らかになったクラウド時代のシンプルOS「Nano Server」のスペック

 ウワサされていた小フットプリントOS「Nano Server」の存在を認めたMicrosoft。同社はこれまでの秘密主義を一変させ、Nano Serverの紹介に注力し始めた。

■大手ソフトウェアサプライヤーのライセンス請求に根拠なし

 ソフトウェアライセンス専門のコンサルタントは、サプライヤーが提示する請求額には透明性も根拠もないと口をそろえる。

■MySQL時代の終わり? MariaDB移行の理由は「拡張性と処理性能向上」

 チケット販売サイトがデータベースをMySQLからMariaDBにリプレース。高速性が評価されて普及したMySQLだが、処理性能を理由に他DBへの移行が行われる時代になったのか。

■データアナリティクスによる人員配置最適化が実現した500万ドル削減

 米食品メーカーはデータアナリティクスを応用し、適切なリソース(人員)を適切な場所に配置できるようになった。不要になった残業手当の金額は?

■ITリーダーたちに聞く「Windowsエコシステムから脱却すべきか?」

 英Computer Weekly主催イベントで、「Windowsに代わるものは何か」というテーマで各社ITリーダーが考えを披露した。Windowsエコシステムからの脱却は現実的なのか?


ダウンロードページに進む

Kindle版のダウンロードページに進む

EPUB版のダウンロードページに進む

Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。


TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -