ニュース
» 2015年06月04日 07時45分 UPDATE

Skypeも不正なURLでクラッシュ、アップデートで対処

不正なURLを含んだメッセージを受信すると、WindowsやAndroid向けのSkypeがクラッシュする不具合が発覚した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoft傘下のSkypeは6月3日、不正なURLによってSkypeクライアントがクラッシュする不具合が確認され、影響を受ける全プラットフォーム向けに修正のためのアップデートを公開したことを明らかにした。

erskyp01.jpg 編集部PC(Windows 8.1)では送信欄に「http://:」入力するとSkypeがクラッシュした

 この現象はSkypeフォーラムへのユーザーの投稿で発覚した。このユーザーは、URLの中身がない「http://:」という文字列のみのメッセージをWindows 7で受信すると、Skypeがクラッシュすると報告。他のユーザーからも、Windows 8.1やAndroidでも同じ問題が起きるという指摘が相次いだ。

 米VentureBeatの報道によると、さまざまな環境でテストした結果、問題の文字列によってWindows、Android、iOS向けのSkypeがクラッシュする場合があることが分かった。その後はSkypeを起動するたびにクラッシュするようになったという。一方、Macではこのメッセージを受信しても問題は起きなかったとしている。

 同様の問題は、AppleのiPhoneでも特定の文字列を含んだメッセージを受信するとクラッシュする不具合が確認され、Appleが対応を表明している。

erskyp02.jpg Microsoftは修正済み

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -