ニュース
» 2015年06月16日 09時25分 UPDATE

Enterprise IT Kaleidoscope:Windows 10、企業のアップグレードはどうなる? (1/2)

多くのユーザーが待ち望んでいるWindows 10のアップグレード提供が7月29日から始まる。しかし、企業ユーザーにとっては少し状況が異なるようだ。

[山本雅史,ITmedia]

Windows Updateで提供されるWindows 10

 Windows 7/8.1ユーザーに対してWindows 10の無償アップグレードが、2015年7月29日から2016年7月28日までの1年間提供される。無償での提供期間は1年と発表されているので、これが短くなることはないが、将来的にもう少し延長される可能性もある。無償アップグレードの対象はWindows Home(無印のWindows)とProだ。

wten07-01.jpgwten07-02.jpg Windows 10にアップグレード可能なPCではウィンドウズ アイコンが表示される(画像左)。アイコンをクリックするとWindows 10への無料アップグレードの案内が表示される。この案内に従えば7月29日以降、自動的にWindows 10がダウンロードされ、インストールはユーザー確認が行われる
wten07-03.jpg 現在のシステムをチェックして、アップグレードが可能かスキャンしてくれる

 企業や組織で利用されるWindows Enterpriseは、「ソフトウェア アシュアランス」(SA)での提供となるため、無償アップグレードの対象にはなっていない。SA契約期間中ならWindows 10にアップグレードできる(SA専用サイトからダウンロードする)。

 今までのWindows OSは、RTM(Release To Manufacturing)の完成が発表された後、まずPCメーカーにマスターが提供され、メーカーが各種テストを行った後に、新しいWindows OSをバンドルしたPCが発売された。実際の発売日はRTM発表から数カ月後であり、アップグレード版や新規パッケージの提供も発売日以降になっていた。

 しかし、Windows 10ではコンシューマー向けのアップグレード提供が最も早く、企業向けや新規パッケージ版、Windows 10をバンドルしたPCなどの発売は7月29日以降になる(本稿執筆時点でWindows 10の正式発売日は未発表)。ただ、2015年3月に中国で開催されたハードウェアエンジニア向けイベント「WinHec 2015」で、アップグレード版がISOファイルでも提供されることが明らかになっている。

 Windows 10へのアップグレードでは全てのWindows 7/8.1が、オンラインでそのままアップグレードできるわけではない。

 Windows 7なら、Windows 7 Service Pack 1(SP1)にアップデートした後、Windows Updateで提供されている更新プログラムをインストールしている必要がある。Windows 8.1も、Windows 8.1 Updateへアップデートした後に、各種更新プログラムがインストールされている必要がある。Windows 8はまずWindows 8.1へのアップデートが必要だ。つまり、Windows Update経由でWindows 10にアップグレードできるのは、最新の状態になっているWindows 7/8.1であり、Windows 7やWindows 8のRTM版などはISOファイルからオフラインでアップデートする形となる。

wten07-04.jpg Windows 10へのアップグレードはWindows 7/8.1などから行え、各Windowsからアップグレードできるエディションが公開されている。Windows 10からMedia Center機能が提供されない

 もう一つ注意が必要なのは、Windows 10ではMedia Centerの機能が提供されない点だ。このため、Windows 7、Windows 8.1でMedia Centerを使っていたとしても、Windows 10へアップグレードした後は、Media Centerが削除されてしまう。DVDの再生はWindows 10ではサポートされない。Microsoftは「何らかの方法を用意する」とは語っているが、現状では不透明だ。基本的には、Windows 10対応のサードパーティのDVD再生ソフトを購入する必要があるだろう。もしかすると、期間限定でDVD再生ソフトが無償提供される可能性もある。

wten07-05.jpg Windows 10のオンラインアップグレード対象はWindows 7/8.1の最新版のみ。アップグレード元のOSはWindows Updateで最新版にアップデートされている必要がある
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ