レビュー
» 2015年07月13日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:部分的な仮想化からプライベートクラウドへ〜ステップアップで仮想化共通基盤を実現

部分的な仮想化導入では思ったほどの効果を得られない。システムごとの個別最適化ではなく、プラットフォーム全体最適を実現するための効果的なアプローチ法とは?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 サーバ仮想化は普及期に入り、多くの企業で運用されているが、その多くが部門や業務ごとの仮想化にとどまっており、期待したほどの効果が得られていないのが現状だ。企業内にクラウド環境を構築し、ITコストやリソースの最適化と運用の効率化を実現するには、部分仮想化をスタートに、段階的に課題を解決しながらステップアップしていく方法が望ましい。

 まず一部システムが仮想化されている状況をスタートに、仮想化の全社展開を目指す。次に、ICTリソースを集約しリソースプール化した仮想化共通基盤を構築することで、全社レベルの最適化を進めることができる。実際にはIT部門がインフラを一括して所有・運用し、各部門のシステムも仮想化共通基盤に搭載される。この後、運用の自動化、セルフサービス化を実現することでとさらなる効率化を図ることが可能だ。

 本資料では、部分的な仮想化とプライベートクラウドとの違いをはじめ、プライベートクラウドへのステップアップアプローチを図版を交えて解説。仮想化共通基盤の導入によるメリットが理解できる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ