レビュー
» 2015年07月17日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「レディメイド」がスピーディで効率的なクラウド基盤構築に適する3つの理由

手軽に、かつスピーディにプライベートクラウド基盤を構築するには、あらかじめ設計・構築・検証済みの“レディメイド”型製品が適している。その理由を検証していこう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 仮想化統合を行う際に課題となるのは「インフラの設計・構築・検証が大変」「増設のたびに煩わしい検証が必要」「仮想基盤の運用が複雑」といった点だ。この課題を解決するには、ハードウェア/ソフトウェアを統合した“レディメイド”型製品の導入を検討したい。本資料では、NEC「Cloud Platform Suite」が仮想化統合に適する3つの理由を紹介する。

 1つ目はあらかじめ設計・構築・検証済みのため短期間で手軽に導入可能なこと。独自で検討する場合、従来4.5〜6カ月かかっていた導入期間を1.5カ月に短縮できる。2つ目は基盤導入後の増設・拡張も簡単かつスピーディに行えること。あらかじめ増設・拡張を見据えたシステム設計をしており、スモールスタートで運用を開始し、必要に応じて増設できる。3つ目は、ITリソースの使用パターンを集約し、仮想基盤の運用効率性を向上することだ。従来の運用が、利用者からの要求に応じてITリソースの払い出しを検討するのに対し、あらかじめ定義したパターンから払い出す運用のため、効率よく運用できる。詳細は資料をダウンロードして確認してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ