ニュース
» 2015年07月30日 15時59分 UPDATE

AndroidのMMS悪用の脆弱性、対応策は?

パッチ適用できるのはNexusシリーズでもごく一部しかなく、メーカーやキャリアからのパッチ提供にも時間がかかる見通しだ。

[國谷武史,ITmedia]

 Android OSのメディア再生エンジン「Stagefright」に脆弱性が見つかった問題で、セキュリティ機関などから当面の回避策などが紹介されている。既にGoogleがパッチを公開しているが、現時点で適用できるはNexusシリーズ端末のごく一部しかない状況だ。

 脆弱性は7件存在し、そのいずれかが悪用されると、リモートから端末を不正に操作されてしまう恐れがある。悪用には攻撃者が相手の電話番号を知る必要があるものの、攻撃者が細工したMMS(マルチメディアメッセージングサービス)メッセージを送り付けるだけで端末を不正操作できてしまう可能性があることから、米Symantecは「緊急」レベルの脆弱性だと分析する。

 影響を受けるのはAndroid 2.2〜5.1.1 r5より前のバージョンで、9億台以上に影響が及ぶとの指摘もある。

andval01.jpg 7月1日現在のAndroidバージョン別のシェア

 脆弱性情報データベースのJVNやSymantecによると、脆弱性を発見したセキュリティ企業Zimperiumの研究者、ジョシュア・ドレイク氏は、4月と5月にGoogleへ問題を報告。Googleは5月8日にパッチを公開し、Android Open Source Project(AOSP)で6月25日に公開されたAndroid 5.1.1 r5から修正されている。7月30日時点の最新版はAndroid 5.1.1 r8となる。

 ただAndroid 5.1.1 r5以降のアップデートが公開されているのは、Nexusシリーズ端末でもT-Mobile向けのNexus 6(ビルド番号LYZ28E)やNexus 7の2013年版Wi-Fiモデル(同LMY48G)などごく一部しかない模様。米カーネギーメロン大学は28日に、脆弱性の影響を受けるメーカーを公表した。一部報道によれば、HTCなどが対応を開始しているという。

androvalu03.jpg 脆弱性の影響を受ける端末メーカー(カーネギーメロン大学より)

 大半のユーザーは、端末メーカーや通信事業者からアップデート配信を待つしかない状況だ。セキュリティ各社によれば、新しいバージョンのAndroidではセキュリティ機構が強化されているものの、古いバージョンでは多くの端末リソースにアクセスできる設計となっており、危険性が高い。古いバージョンの端末にはアップデート配信が配信されず、脆弱性が放置されたままになる可能性もある。

 当面の回避策としてJVNやSymantecは、(1)見知らぬ送信者からのメッセージを全てブロックする、(2)Google ハングアウトなどのメッセージアプリでMMSの自動取得を無効にする――方法を挙げる。ただし、これらの方法も部分的な対策でしかなく、MMS以外の手法で脆弱性が悪用される恐れもあるとしている。

androvalu02.jpg ハングアウトの「MMSの自動取得」設定でチェックを外す

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ