ニュース
» 2015年08月18日 07時31分 UPDATE

Windows Server 2003、1億7500万サイトでいまだ利用

Netcraftの調査では、サポートが終了したWindows Server 2003がまだ1億7500万のWebサイト運営に使われていることが分かった。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Microsoftが7月で公式サポートを打ち切ったWindows Server 2003が、まだ多数のWebサイト運営に使われているという調査結果をネット調査会社の英Netcraftが発表した。

 Netcraftが7月に実施したWebサーバ調査では、調査対象としたWebサイトの5分の1以上に当たる、1億7500万のWebサイト運営にWindows Server 2003が使われていることが分かったという。

 このうち73%のWebサイトには、Windows Server 2003などにバンドルされていたInternet Information Services(IIS) 6.0が使われていた。

ws2301.jpg Web接続されているWindows Server 2003マシンの推計台数(Netcraftより)

 さらに、これらサイトのWebサーバとして使われているコンピュータの台数についても調べた結果、Webに接続されているコンピュータ60万9000台にWindows Server 2003が搭載されていると推計。これはWebに接続されている全コンピュータの10%以上に当たるという。

 国別にみると、Windows Server 2003を搭載したコンピュータの55%が中国と米国にあることが判明した。中国ではAlibaba Groupで多数が使われていた。また、ライブチャットソフトウェアで知られるLivePersonや、英Natwestなどの大手銀行、さらにはPanda Securityなどのセキュリティ企業でもWindows Server 2003マシンを使っていることが分かったとしている。

ws2302.jpg 一部を除きWindows Server 2003はサポートが終了している

 Windows Server 2003/R2の公式サポートは、日本時間の7月15日で終了した。今後は脆弱性などが発覚したとしても、修正のための更新プログラムは公開されない。このため使い続ければサイバー攻撃の格好の標的になりかねないとして、セキュリティ機関などは企業に対して対応を急ぐよう促している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ