ニュース
» 2015年09月17日 07時21分 UPDATE

Apple、iOS 9を公開、100件超の脆弱性に対処

iOS 9では100件を超す脆弱性が修正された。同時に「iTunes 12.3」「Xcode 7.0」「OS X Server v5.0.3」も公開されている。

[鈴木聖子,ITmedia]
ios901.jpg iOS 9のセキュリティ告知(Appleより)

 米Appleは9月16日、「iOS 9」の配信開始に合わせてセキュリティ情報を公開した。同時に「iTunes 12.3」「Xcode 7.0」「OS X Server v5.0.3」もリリースされ、それぞれ深刻な脆弱性が多数修正されている。

 iOS 9はiPhone 4s以降、iPad 2以降、iPod touch(第5世代)以降が対象となる。修正された脆弱性は計100件以上。CFNetworkやSSL/TLS関連、カーネル、Safari、WebKitの脆弱性などが多数を占め、任意のコードを実行できてしまう深刻な脆弱性も相当数含まれる。

 iTunes 12.3ではWindows版に影響する脆弱性に対処した。iTunes Storeを閲覧中に中間者攻撃を仕掛けられ、任意のコード実行に利用される恐れのあるメモリ破損問題など、多数の問題が修正されている。iTunes 12.3はWindows 7以降に対応する。

ios902.jpg パスコード6桁化など機能も強化

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -