ニュース
» 2015年10月09日 07時00分 UPDATE

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:マイナンバーが届いたら確認すること (1/3)

10月5日からマイナンバーの通知がスタートし、間もなくお手元に届き始めるだろう。まず確認すべきチェックポイントを個人、企業それぞれの視点で紹介する。

[萩原栄幸,ITmedia]

 10月5日から国内に住民票を持つ人へのマイナンバーの通知が始まった。そこで今回は通知を受け取った後、すぐに確認しておきたいポイントを取り上げたい。

通知が届いたら?

1.基本だが、必ずあて名を確認する。簡易書留で送られてくるが、配達するのは人間であり、間違いがある。実際に筆者の知人は、手紙が近所の同姓同名の方に誤って配達され、憤慨したことがある。

2.配達される「通知カード」の記載内容をもれなく確認する。「氏名」「住所」「生年月日」「性別」「マイナンバー」に本当に誤りがないかどうかは、現状では確認できないので、取りあえずそのまま信用するしかないが。

3.顔写真付きの個人番号カードを申請する。申請先は市町村だ。顔写真が必要になるが、無料で交付される。自動車運転免許と同様か、それ以上に信頼性の高い身分証明として利用できるため、運転免許のない方や高齢のため免許を返還された方にはとても便利だろう。

4.通知カードは厳重に管理して、第三者が簡単に見つけてしまう場所には置かないようにする。無用なトラブルを避ける最善の方法は、「他人には教えない」ということだ。

hgys991.jpg マイナンバーの通知時に送付される書類(総務省サイトより)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -