ニュース
» 2015年10月20日 07時00分 UPDATE

半径300メートルのIT:日本とアジアのSNSはどう違う?  ASEANの学生たちに話を聞いてみた (1/2)

NISC主催の学生向けイベントに登壇しました。ITやSNSの使い方について東南アジアと日本のおもしろい点を聞くことができたのでご紹介したいと思います。

[宮田健,ITmedia]

 2015年10月3日、内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が主催した学生向けのイベント「サイバーセキュリティカフェ」に登壇させていただきました。当日は経済情報に特化したニュース共有サービス「NewsPicks」のアジア・エコノミスト 川端隆史氏と、サイバー大学専任教授の園田道夫氏の3人で、日本だけでなくASEAN各地から留学中の学生たちと、身近なITであるスマートフォン、SNSのセキュリティについてお話ししました。

 NISCはこれまでも、ASEAN諸国のITセキュリティ向上のため日々情報交換を行っているとのことで、情報処理推進機構(IPA)が公開して話題となった「胸キュン」パスワードポスターも各国語に翻訳して展開しています。

300mのIT 左からNewsPicks アジア・エコノミストの川端隆史氏、サイバー大学専任教授の園田道夫氏、筆者(写真提供:内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター)

 その活動の一環で、ASEANの学生たちの“セキュリティ意識”を向上させる目的のイベントが「サイバーセキュリティカフェ」でした。登壇した私もとても勉強になりましたので、今回はそれをシェアしましょう。

もはやASEANも「スマホ」は当たり前

 日本ではもはや「スマホ」は当たり前になりました。ITなんて苦手だよ、とおっしゃる高齢者世代でも、写真を送ったり、チャットアプリで会話するくらいはお手の物。日本は特殊なのかと思いきや、ASEAN諸国でもスマホはかなり普及しているようです。川端氏によると、その普及の鍵の一つは「安価なスマートフォンが存在すること」のようで、例えばインドネシアのスマートフォンシェアは、1位から順に「Samsung」「Evercross」「Advan」「Smartfren」「ASUS」と、日本ではほとんど聞かないメーカーも並びます。

 現地ではスマートフォンは1万円程度から購入できるものが多く、それに加えて携帯電話キャリアのSIMカードを買う、というスタイルが一般的です。もちろん処理速度は”そこそこ”になりますが、実はLINE(Google Play)やFacebook(Google Play)にはこういったマシン環境でも快適に使える「Lite版」が、ローエンドのスマートフォンが普及している国向けに用意されています。

 そして、通信環境そのものも進化しています。いまではLTEも普及し始めており、通信速度もかなり快適になりました。ASEANにおけるスマホエコノミーについては、川端氏自身の記事でも紹介していますので、NewsPicksの有料会員の方はぜひこちらもご参照ください。

300mのIT サイバーセキュリティカフェ会場(写真提供:内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -