ニュース
» 2015年10月20日 08時22分 UPDATE

App Storeのアプリ数百本がユーザー情報収集、Appleが対応表明

中国のモバイル広告プロバイダーYoumiのSDKを使ったアプリが、ユーザー情報を収集してYoumiのサーバに送信していることが分かった。

[鈴木聖子,ITmedia]

 セキュリティ分析の新興企業SourceDNAは10月18日、Appleの「App Store」で禁止されているはずのプライベートAPIを呼び出して、ユーザーの個人情報を収集しているアプリが数百本見つかったと伝えた。

 この指摘を受けてAppleは、中国のモバイル広告プロバイダーYoumiが開発したサードパーティー広告SDKの問題を確認、このSDKを使ったアプリをApp Storeから削除すると表明した。

 SourceDNAによると、問題のプライベートAPIではインストールされたアプリの一覧やプラットフォームのシリアル番号、ユーザーのAppleIDといった情報を収集していることが分かった。この機能は難読化され、Appleによる審査をかわしてApp Storeにアップロードされていたという。

apstai01.jpg Apple IDを読み込むコード(SourceDNAより)

 原因は全て中国製の広告SDK「Youmi」にあることを突き止めたと、同社は報告。1カ月前に公開されたYoumi SDKの最新バージョン5.3.0でも、依然としてこれらの情報を収集しているとして、アプリ開発者に使用停止を勧告している。

 Youmiを使っているアプリはSourceDNAがこれまでに発見しただけで256本、ダウンロード回数は合計で100万回に上る。問題のSDKは難読化されているため、こうしたアプリの開発者は問題に気付いておらず、取集されたユーザー情報はアプリのサーバではなく、Youmiのサーバに送られているという。

 Appleはこの問題について、「モバイル広告プロバイダーYoumiのサードパーティー広告SDKを使っているアプリが、プライベートAPIを利用してユーザーのメールや端末の識別番号などの情報を収集し、同社のサーバに送信していたことが分かった」とのコメントを発表。YoumiのSDKを使ったアプリをApp Storeから削除するなどの対応に乗り出したことを明らかにした。

apstai02.jpg Appleの声明(同)

ITmedia エンタープライズ編集部からのお知らせ

プロフェッショナルトークにこの連載でおなじみ、萩原 栄幸氏をお招きして、「内部脅威にも外部脅威に対抗可能な情報漏洩対策」をテーマに勉強会を開催いたします。

日 時:2015年11月12日(木) 18:00〜20:10(受付 17:30〜)

会 場:アイティメディア セミナールーム

参加費:無料(事前登録制)

詳細・お申込みはこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ