ニュース
» 2015年10月21日 09時33分 UPDATE

Microsoft、.NET CoreとASP.NET Betaの脆弱性に報奨金

β段階から報奨金制度の対象とすることで、セキュリティ問題に対して早くから包括的に対応することを目指す。

[鈴木聖子,ITmedia]
msbndprg01.jpg Microsoft Bounty Program

 米Microsoftは10月20日、脆弱性の発見者などに報奨金を支払う「Microsoft Bounty Program」を拡大し、「.NET Core」と「ASP.NET Beta」を対象として、脆弱性情報の報告を募ると発表した。

 .NET CoreとASP.NETはMicrosoftのVisual Studio Development Suiteに含まれる開発ツール。今回の報奨金の対象となるのは.NET CoreとASP.NETのβ8、および期間中にリリースされる後続のβ版およびリリース候補版。OSはWindowsのほかOS XとLinuxをサポートする。

 期間は10月20日〜2016年1月20日まで。賞金は500ドルから、最高で1万5000ドルを用意する。

 Microsoftは同プログラムについて、全プラットフォームで同社のフレームワークのセキュリティを向上させる取り組みの一環と位置付ける。β段階から報奨金制度の対象とすることで、セキュリティ問題に対して早くから包括的に対応することを目指す。

msbndprg02.jpg 設定された報奨金額

ITmedia エンタープライズ編集部からのお知らせ

プロフェッショナルトークにこの連載でおなじみ、萩原 栄幸氏をお招きして、「内部脅威にも外部脅威に対抗可能な情報漏洩対策」をテーマに勉強会を開催いたします。

日 時:2015年11月12日(木) 18:00〜20:10(受付 17:30〜)

会 場:アイティメディア セミナールーム

参加費:無料(事前登録制)

詳細・お申込みはこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ