レビュー
» 2016年01月27日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:横須賀共済病院が、基幹ネットワークの可用性と拡張性強化のため取った選択とは

先端医療に取り組む横須賀共済病院は、障害発生時にもサービスを停止しない可用性と将来を見据えた拡張性強化のため、選択したソリューションとはどのようなものだったのか。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 地域の中核医療を担う国家公務員共済組合連合会 横須賀共済病院は、電子カルテをはじめとする電子化導入にいち早く取り組んできた。こうした高度医療を支える同病院の基幹ネットワークには、障害発生時にもサービスを停止せず、迅速に復旧が可能な信頼性、可用性が必要となる。また、増大する電子カルテのトラフィックや医療画像のデータ量にも柔軟に対応できる拡張性や帯域幅の確保などネットワークの強化を図るために、同病院は、基幹ネットワークの再構築を決めた。

 同病院ではサーバルームの移設や院内の部門移動に柔軟に対応できる10Gbpsのリング型ネットワークを採用。継ぎ足しで拡張を続けてきた基幹ネットワークを見直し、各病棟に設置されたスイッチや無線アクセスポイントなどのネットワーク機器の接続を維持しつつ、再構築を実施するには大変な労力が必要となる。そこで同病院が選択したソリューションとはどのようなものだったのか。

 本項では、同病院の課題とネットワークソリューション導入による効果を紹介する。統合システム遠隔監視・運用支援サービスを導入し、アセスメントから運用監視、保守まで包括的なサポートを受けることで、得たメリットを事例で確認し参考にしてほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -