ニュース
» 2016年02月09日 08時04分 UPDATE

米国土安全保障省やFBIの職員情報、大量に流出か

何者かが米国土安全保障省やFBIの職員の情報をネットに掲載したとTwitterで公言した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米国土安全保障省(DHS)や連邦捜査局(FBI)の職員の個人情報とされる情報が、Twitterを通じて大量に流出しているという。メディア各社が一斉に伝えた。

 この事件では米国時間の2月7日、何者かが米国土安全保障省(DHS)の職員約9000人の氏名と役職、電子メールアドレス、電話番号などの情報をネットに掲載したとTwitterで公言。続いて米連邦捜査局(FBI)の職員2万人の情報も掲載したとツイートした。

 米メディアMotherboardによると、流出したとされるデータベースに記載されていたDHSやFBIの電話番号に電話をかけてみたところ、多くの場合、電話に出た相手の名は、記載されていた名と一致したという。

udslk01.jpgufbslk01.jpg 情報流出が報じられた米国土安全保障省(左)とFBI

 Motherboardは情報を流出させたとするハッカーにも取材したとしている。この人物は、まず米司法省(DOJ)職員の電子メールアカウントに侵入して、そこからDOJのWebポータルにログインを試みたができなかったため、担当部局に電話をかけてポータルへのログイン方法を問い合わせ、相手に教えられたトークンコードを使って同サイトにログインしたと話しているという。職員のデータベースはDOJのイントラネット上で見付けたという。

 DHSの広報はMotherboardに対して2月8日、「職員の連絡先情報が流出したとする報道については調査に当たっている。報道は深刻に受け止めるが、現時点でセンシティブな情報や個人情報が流出した形跡はない」とコメントした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -