レビュー
» 2016年02月22日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:クラウド型認証が解決する「5つのセキュリティ課題」とは

新しい技術やワークスタイルの登場は新たなセキュリティリスクを招く。ユーザーIDとパスワードに代わるより堅牢な認証方法として二要素認証が注目を集めているが、低コストでの導入は難しい。「クラウド型認証」が解決する5つのセキュリティ課題を解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 モバイルワーカーの増加、CRMやHRなどクリティカルな業務アプリケーションのSaaS化、コンプライアンスなど、企業のセキュリティを取り巻く環境はより、厳しさを増している。新しい技術や働き方に伴って出現するリスクへの対策は、ユーザーIDとパスワードによる保護方式では不十分だ。「書きとめる」「保護されていないPCにファイルで保存する」「複数のシステムで同じものを使う」「簡単に入手可能な自身の情報を使う」など、パスワードの問題はセキュリティ責任者を悩ませている。

 「知っているもの(IDやパスワードなど)」と「持っているもの(トークンやスマートカードなど)」の両方を使う二要素認証のような、より堅牢な技術の採用が望ましい。だが、社内専用の二要素認証ソリューションは高価格な上、継続的な運営コストが必要となる。その悩みを解決するのが、クラウド型の二要素認証のクラウド化(2FA)だ。

 このコンテンツでは、クラウド型認証が解消するITセキュリティの5つの課題について具体的に解説、クラウド型認証の利点を整理して紹介する。IT管理者とエンドユーザー双方への負担を軽減し、高度なセキュリティを低コストで実現するにはどうすればいいか。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ