レビュー
» 2016年03月14日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:スケールアップとスケールアウト、違いとメリット/デメリット

サーバの処理能力を増強する2つの方法「スケールアウト」「スケールアップ」について違いやそれぞれ適した導入環境を整理して解説する。また、スケールアウトNAS製品についての機能や導入事例を紹介する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 サーバの処理能力を向上させるアプローチには「スケールアウト」「スケールアップ」の2つの方法がある。スケールアップ型はサーバ自体のCPUやメモリのスペックを上げて処理能力を向上させる方法で、スケールアウト型は複数のサーバで処理能力を向上させる方法だ。どちらにもメリット、デメリットがあり、適した導入環境にも違いがある。

 本資料では、スケールアップとスケールアウトの違いとそれぞれのメリット/デメリット、適した導入環境と業種を整理してわかりやすく比較する。また、クラウドサービスやデータセンター、ビッグデータ分析などに適したスケールアウトNAS製品について、基本的な機能と特長を市場調査データを交えて詳しく解説。業界大手の印刷会社や不動産ポータル運営企業など、同製品の導入事例もあわせて紹介していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -