レビュー
» 2016年04月04日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:検知回避を備えるマルウェアをどう防ぐ? 連携防御で守る最新標的型攻撃対策

最新のマルウェアはセキュリティ製品の検知を回避する工夫が仕掛けられている。また、特定の組織やユーザーを標的にするため、マルウェアの使用範囲が限定的で、サンプルが広く共有されづらい。巧妙化するマルウェアから企業を守るためには、既存のセキュリティ資産と最新テクノロジーによる連携防御が必要だ。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 マルウェアの開発者は広く利用されているシグネチャなどの検知技術だけでなく、サンドボックスも熟知し、検知を回避する工夫を仕掛けてくる。また、特定の組織やユーザーを標的にするため、マルウェアの使用範囲が限定的で、サンプルが広く共有されず、検知するための情報収集や共有が難しいという側面もある。こうした検知回避の仕組みを備え、個別進化するマルウェアを使用した標的型攻撃が激増する中、今企業が取り入れるべきマルウェア対策とはどのようなものだろうか?

 このコンテンツでは巧妙化するマルウェアが過去のテクノロジーでは防御できなくなっている現状をまとめるとともに、ゲートウェイやIPSといった既存のセキュリティ製品を有効活用しながらシグネチャ解析、ファイルレピュテーション、高速なエミュレーション分析、サンドボックス分析、静的コード解析といった先進技術を組み合わせて防御する最新セキュリティソリューションの防御技術を解説する。実際の製品画面を見ながらマルウェアの解析手法を確認できるため、標的型攻撃への対抗策を検討中の企業にぜひ見てほしいコンテンツとなっている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -