ニュース
» 2016年04月08日 10時22分 UPDATE

Adobe、Flash Playerの更新版公開 24件の脆弱性を修正

脆弱性を突く限定的な攻撃が確認され、ユーザーに最優先での適用を呼び掛けている。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは4月7日、Flash Playerの更新版をWindows、Mac、Linux、ChromeOS向けに公開し、多数の深刻な脆弱性を修正した。攻撃の発生も確認されており、直ちに更新版をインストールするよう呼び掛けている。

 同社のセキュリティ情報によると、今回の更新では計24件の脆弱性を修正した。このうちコード実行につながる脆弱性「CVE-2016-1019」は、Flash Player 20.0.0.306およびそれ以前を実行している全てのWindowsで悪用可能な攻撃が確認されている。また、3月のハッキングコンペ「Pwn2Own 2016」で報告された複数の脆弱性にも対処した。

adfpsec001.jpg 修正された脆弱性(Adobeより)

 これらの脆弱性は、Flash Playerの更新版となるバージョン21.0.0.213(WindowsとMac、ChromeOS向け)、18.0.0.343(延長サポート版)、11.2.202.616(Linux向け)で修正された。全てのプラットフォームに対して最優先で更新版のインストールを勧告している。

adfpsec002.jpg 各プラットフォーム向けの最新版(同)

 Google ChromeおよびWindows 10向けのMicrosoft EdgeとInternet Explorer(IE)ではFlash Playerは自動的に最新版に更新される。AdobeはWindowsとMac向けに自動更新の仕組みも提供している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -