ニュース
» 2016年04月13日 07時45分 公開

Adobe、Creative Cloud Desktop Applicationなどの脆弱性を修正

Adobeは「Creative Cloud Desktop Application」と「RoboHelp Server」の脆弱性に対処した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは4月12日、「Creative Cloud Desktop Application」と「RoboHelp Server」のセキュリティ情報を公開し、それぞれの脆弱性に対処したことを明らかにした。

 Creative Cloud Desktop Applicationの脆弱性はWindowsとMacが影響を受ける。同期プロセスに脆弱性があり、悪用されればリモートでクライアントのファイルシステム上のファイルの読み込みや書き込みができてしまう恐れがある。脆弱性はバージョン3.6.0.244で修正された。

影響を受ける製品と更新版(Adobeより)

 RoboHelp ServerではWindows版のバージョン9.0.1向けにホットフィックスを公開し、SQLクエリーの処理に起因する情報流出の脆弱性に対処した。

 いずれも優先度は「2」と位置付け、30日以内をめどに脆弱性を修正するよう呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -