レビュー
» 2016年04月25日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:2大仮想化製品を機能面から徹底比較

サーバ仮想化導入時の製品選定に重視すべきポイントは何か。2大仮想化プラットフォーム「VMware vSphere 5.5」と「Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V」をさまざまな角度から比較して、最適な製品を探る。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 仮想化の採用が広がるにつれて、ERP/CRMやEメール、データべースシステムなど基幹業務のアプリケーションを仮想環境で利用することが増えてきた。基幹業務を支える基盤は、高い可用性と回復性、信頼性を備え、自動化やストレージ管理機能による効率的な運用管理により、総所有コスト(TCO)を抑えることが求められている。

 本資料は、仮想化製品の導入を検討する企業に向け、仮想化製品に必要な条件をまとめ、それぞれの項目ごとに「VMware vSphere 5.5」と「Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V」を比較したリポートだ。中でも、ビジネス継続性や、ゲストOSやプロバイダなどサポートの幅広さ、仮想化プラットフォームのキャパシティ管理機能や自動化機能といったテクノロジー関連のメリットを表にして比較しており、これから仮想化を導入する企業にとっても分かりやすい資料となっている。ぜひ製品選定の参考資料として活用してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -