レビュー
» 2016年04月26日 15時00分 公開

ホワイトペーパー:VMware vSphereとMicrosoft Hyper-Vを比較、ユーザーが注目すべき違いは?

定番の仮想化技術「VMware vSphere」と「Microsoft Hyper-V」のどちらを利用すべきか。当コンテンツでは、両技術の基本的な違いから価格に現れない差異、ユーザーニーズの強いディザスタリカバリ機能などについて解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 仮想化技術の採用で悩むのが定番技術「VMware vSphere」と「Microsoft Hyper-V」のどちらを利用するかだ。ハイパーバイザーレベルでは大きな違いはないとの意見もあるが、そのアプローチや機能の差は大きい。両技術の投資対効果も同様で、どのようなシーンで仮想化技術を活用するかによって投資額とその効果に違いが出る。ユーザー企業は自らの目的を明確にして仮想化技術を選ぶことが重要になる。当コンテンツではvSphereとHyper-Vの基本的な違いの他、コストに現れない定性的な差異、ディザスタリカバリに関する両技術の機能などを解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -