レビュー
» 2016年04月27日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:元ソニーCIOが語る、「情報システム部門」が生き延びるための条件とは?

企業が情報システム部門に期待する役割が変わりつつある中、変化を拒む情報システム部門は、存続の危機に直面しかねない。情報システム部門が機器を脱するためにすべきこととは何か? 元ソニーCIOが語り尽くす。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 ソニーグループのCIOを7年間務め、現在はガートナー ジャパンのエグゼクティブパートナーとして、CIOやIT責任者を対象としたエグゼクティブ・プログラムを担当している長谷島 眞時氏。一貫して情報システム部門関連でキャリアを積んだ長谷島氏は、日本の情報システム部門の静かな危機を指摘する1人だ。

 「情報システム部門の危機」はさまざまに語られてきた。だが、現状を踏まえない議論には意味がない。日本企業の情報システム部門が置かれている真の状況とは何か。取り得る行動の選択肢は。長谷島氏へのインタビューから、机上の空論ではない、情報システム部門が生き残るための真の条件を探る。

 本資料は、長谷島氏へのインタビューについてまとめた、IT INSIDERの人気記事を再編集したものである。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -