ニュース
» 2016年06月21日 07時38分 UPDATE

AppleのAirPortの深刻な脆弱性、修正ファームを公開

AirPort向けファームウェアの脆弱性を修正する更新版が公開された。悪用された場合、リモートの攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]
AirMac Express

 米Appleは6月20日、ワイヤレスベースステーションAirPort(日本名AirMac)向けファームウェアの更新版を公開し、深刻な脆弱性を修正した。

 Appleのセキュリティ情報によると、「AirPort Express」「AirPort Extreme」「AirPort Time Capsule」のファームウェアにDNSデータ解析に関するメモリ破損問題が存在する。悪用された場合、リモートの攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。

 この問題は、ファームウェアの更新版となるバージョン7.6.7と7.7.7で修正された。ファームウェアの更新には、App Storeから入手できる「AirPort Utility」(OS Xではバージョン6.3.1以降、iOSでは1.3.1以降)を利用する。

セキュリティアップデートを公開したApple

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -