ニュース
» 2016年07月19日 06時57分 UPDATE

Apple、iOSやOS Xの脆弱性多数を修正

iOSやOS Xの更新版で多数の脆弱性に対処したほか、watchOSやtvOS、Safari、Windows向けiTunesの脆弱性を修正する更新版も公開された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは7月18日に公開したiOSやOS Xの更新版で、それぞれ数十件の脆弱性に対処した。また、watchOSやtvOS、Safari、Windows向けiTunesの脆弱性を修正する更新版もそれぞれ公開した。

 同社のセキュリティ情報によると、iOS更新版の「iOS 9.3.3」では40件以上、OS Xの更新版となる「El Capitan v10.11.6」および「セキュリティアップデート2016-004」では60件あまりの脆弱性を修正した。悪用されれば任意のコードを実行されかねない深刻な脆弱性が多数を占める。

 iOS 9.3.3はiPhone 4s以降とiPod touch(第5世代)以降、iPad 2以降に対応する。OS Xの更新版はEl Capitan v10.11以降とMavericks v10.9.5およびYosemite v10.10.5が対象となる。

iOSのセキュリティアップデート

 Apple Watch向けの「watchOS 2.2.2」と、Apple TV(第4世代)向けの「tvOS 9.2.1」でもiOSなどと共通する脆弱性が多数修正された。

 Webブラウザの更新版となる「Safari 9.1.2」では主にWebKitの脆弱性を修正した。細工を施したWebサイトをユーザーが閲覧すると、攻撃コード実行、サービス妨害(DoS)、情報流出などの被害に遭う恐れがある。

 「iTunes 12.4.2」ではWindows版に存在するメモリ破損問題など15件の脆弱性が修正されている。

OS Xののセキュリティアップデート

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -