ニュース
» 2016年07月20日 19時30分 UPDATE

Oracleの定例セキュリティパッチ公開、276件の脆弱性に対処

JavaやDatabaseなどの深刻な脆弱性を解決した。

[ITmedia]

 Oracleは米国時間の7月19日、定例のクリティカルパッチアップデート(CPU)を公開して、JavaやDatabaseなどの製品に存在する計276件の脆弱性を修正した。ユーザーに速やかな適用を呼び掛けている。

 Java関連では、Java SE JDK/JRE 8 Update 92とそれ以前のバージョンに存在する計12件の脆弱性に対処した。うち4件は共通脆弱性評価システム(CVSS) 3.0での深刻度が9.6(最大値は10.0)と高く、悪用されるとリモートから認証を経ることなく任意のコードを実行されてしまう恐れがある。更新版はJava SE JDK/JRE 8 Update 101となる。

Java最新版は「Update 101」(Oracleより)

 Oracle Databaseでは、バージョン 11.2.0.4/12.1.0.1/12.1.0.2に存在する計7件の脆弱性を修正した。うち5件はリモートから認証を経ずにコードを実行されてしまう恐れがある。CVE-2016-3506およびCVE-2015-0204の2件についてはクライアントのみが対象となっている。

データベース製品で修正された脆弱性(同)

 次回の定例CPUは10月18日の公開が予定されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -