ニュース
» 2016年07月22日 08時00分 UPDATE

iOSとOS Xの更新急いで、一部脆弱性はメッセージ受信で悪用される恐れ

AppleがiOSやOS Xの更新版で修正した脆弱性の一部は、ユーザーがメッセージなどを受信しただけで何も操作しなくても悪用される恐れがあるという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleが7月18日に公開したiOSやOS Xの更新版で修正した脆弱性の一部は、ユーザーがメッセージなどを受信しただけで何も操作しなくても悪用される恐れがあることが分かった。この問題を発見した米Ciscoのセキュリティ部門Talosがブログで明らかにした。

 Talosによると、同社は今回、画像フォーマット処理に関するリモートコード実行の脆弱性5件を発見してAppleに報告した。

脆弱性概要(Appleより)

 このうち画像フォーマット処理用のAPI「Image I/O」でのTIFF画像解析・処理に存在する脆弱性(CVE-2016-4631)は、攻撃者がiMessageやMMSなどに不正なファイルを添付したり、Webページに仕込んで開かせたりする手口で悪用できるという。

 iMessageのようなアプリケーションでは初期設定で、メッセージを受信すると自動的に画像を処理する状態になっていることから、ユーザーが何も操作しなくても悪用される恐れがあるとTalosは解説している。

 この脆弱性はOS X 10.11.5とiOS 9.3.2で確認され、それより前のバージョンにも存在すると思われることから、相当数の端末に影響が及ぶ見通し。

脆弱性を報告したTalos

 「画像ファイルは受信者に不信感を持たれずにWebやメールを介して簡単に配信できることから格好の攻撃経路であり、AppleのCore Graphics APIやScene KitやImage I/OはApple OS Xプラットフォーム上のソフトウェアで広く使われているために危険度が高い」とTalosは指摘し、iOSやOS Xをまだ最新版に更新していない場合は対応を急ぐよう呼び掛けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -