ニュース
» 2016年07月29日 05時34分 UPDATE

Oracle、クラウドERPのNetSuiteを93億ドルで買収

Oracleが、クラウドERPの老舗、NetSuiteを約93億ドルで買収すると発表した。NetSuiteはOracle出身者が創業し、ラリー・エリソン会長も出資している。買収完了後も独立した傘下企業として運営する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Oracleは7月28日(現地時間)、クラウドERPベンダーの米NetSuiteを買収することで合意に達したと発表した。買収総額は約93億ドル(約9796億円)で、取引は年内完了の見込み。

 NetSuiteは買収完了後も独立した傘下企業として存続する。

 netsuite NetSuiteのトップページもOracleカラーに

 Oracleの共同CEO、マーク・ハード氏は発表文で「OracleとNetSuiteのクラウドアプリケーションは補完的であり、市場で今後も共存していく。われわれは双方の製品に重点的に投資していく」と語った。

 NetSuiteは1998年創業の、カリフォルニア州サンマテオに拠点を置く公開企業。SaaS(サービスとしてのソフトウェア)型クラウドサービスのフロンティアとして知られる。現在3万社以上が同社のサービスを採用しているという。

 同社の創業者であるエヴァン・ゴールドバーグCTO(最高技術責任者)および現CEOのザック・ネルソン氏はいずれもOracle出身。同社創業はOracle会長のラリー・エリソン氏のアドバイスがきっかけで、エリソン氏も創業当初から同社に出資していた。

 nelson NetSuiteのネルソンCEO

 OracleもクラウドERPを提供しているが、大企業向けが主であり、SMB向けサービスを主力とするNetSuiteを買収することで、市場シェアを拡大することが狙いとみられる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -