ニュース
» 2016年10月31日 08時00分 UPDATE

NEC、地磁気情報から屋内の位置を正確に測定する技術を開発

対象者が持つ端末の地磁気センサーやモーションセンサーから得る地磁気情報と、ディープラーニングを活用し、鉄骨構造の建物内でも位置を正確に測定するという。

[ITmedia]

 NECは10月28日、地磁気情報を活用してGPS信号が届きにくい鉄鋼製の建物の中で対象の人物の位置を正確に測定する技術を開発したと発表した。

 この技術は、事前に調査した屋内の位置や地磁気の情報をもとに、「ディープラーニング」手法を活用して各フロアの地磁気の特徴を抽出する。屋内の対象者が所持するセンサーから得た地磁気情報から、誤差2メートル以内の精度で位置を測位できるという。

 同社によれば、これまで動態管理や送客のために工場や店舗などの屋内で人の位置を正確に測定するニーズが高まる一方、従来のビーコンや無線LANなどを利用した方法では設置投資のコストなどが課題となっていた。この技術では、ビーコン設置などの設備投資が不要なため、低コストで位置情報測定システムを導入できるという。

 NECは今後、この技術と耳音響認証技術(耳穴の形状を音で識別する生体認証技術)、モーションセンサーなどを組み合わせ、「どこで」「誰が」「どんな状態か」を把握できるヒアラブルデバイス向けプラットフォームを開発、2017年度中の事業化を目指しているという。事業化に向け、サービス事業者、デバイスメーカーなどと共同で実証実験を行っていき、また次世代無線通信規格(5G)や他のIoTサービスとの連携も検討していくとしている。


 大規模な敷地面積を持つ工場や複数フロアで展開される大型商業施設などでは、例えばスタッフ全体の動きをふかんできることから、より効率的な作業指示や安全管理に役立つと期待される。耳音響認証技術を組み込んだヒアラブルデバイスなどが併用されれば、役職に応じて特定エリアへの入室におけるスムーズな本人認証などもにも役立ちそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -