ニュース
» 2016年11月01日 07時32分 UPDATE

Appleが「iOS 10.1.1」公開、不具合やセキュリティ問題を修正

米セキュリティ機関のUS-CERTによると、一部の脆弱性を悪用されればリモートの攻撃者にシステムを制御される可能性がある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは10月31日、iOSの更新版となる「iOS 10.1.1」を公開し、不具合やセキュリティ問題を修正したことを明らかにした。

 iOSは10月24日にバージョン10.1に更新されたばかり。ソフトウェアアップデート通知によると、今回の更新ではヘルスケアデータが見られない問題などを修正した。

「iOS 10.1.1」はiOS 10.1での修正内容も含まれる

 Appleは併せてセキュリティ情報も公開し、「iOS 10.1.1にはiOS 10.1のセキュリティコンテンツが含まれる」と説明している。バージョン10.1では任意のコード実行や情報流出など計12件の脆弱性に対処していた。

 米セキュリティ機関のUS-CERTは今回のアップデートについて、「一部の脆弱性を悪用されればリモートの攻撃者にシステムを制御される可能性がある」と指摘し、ユーザーや管理者に対してアップデートの適用を促している。

US-CERTの注意喚起

 iOS 10.1.1はiPhone 5以降、iPad(第4世代)以降、iPod touch (第6世代)以降に対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -