ニュース
» 2016年11月04日 07時56分 UPDATE

「BIND 9」の更新版公開、危険度「高」の脆弱性に対処

悪用された場合、サーバでアサーションエラーが発生してサービス妨害(DoS)状態に陥る可能性。国内でも攻撃が観測されていることから、対応を急ぐ必要がある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Internet Systems Consortium(ISC)は11月1日、DNSサーバソフト「BIND 9」の脆弱性を修正する更新版を公開した。リモートで悪用される恐れもあるとされ、危険度は「高」に分類している。

 ISCのセキュリティ情報によると、今回の脆弱性はDNAMEレコードを含むレスポンスの処理に起因する。悪用された場合、サーバでアサーションエラーが発生してサービス妨害(DoS)状態に陥る可能性がある。危険度は共通脆弱性評価システム(CVSS)で7.5(最大値は10.0)と評価されている。

photo 脆弱性を解説したISCのページ

 この脆弱性はBIND 9のバージョン9.9.9-P4、同9.10.4-P4、同9.11.0-P1およびBIND 9 Supported Previewエディションのバージョン9.9.9-S6でそれぞれ修正された。

 BIND 9を巡っては、日本国内でも脆弱性悪用を狙う攻撃が観測されていることから、まだ更新版を適用していない場合は対応を急ぐ必要がある。

関連キーワード

脆弱性 | BIND | DoS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -