ニュース
» 2016年11月09日 13時54分 UPDATE

Microsoft、セキュリティ情報提供の新サイトを公開

新サイトではユーザーが必要な情報だけをリストアップできるなど、使い勝手が向上するという。

[ITmedia]

 Microsoftは11月8日、セキュリティ更新プログラムなどの情報を提供する新サイト「Security Updates Guide(セキュリティ更新プログラムガイド)」のプレビュー版を公開した。

 新サイトは、月例セキュリティ更新プログラムなどのセキュリティ情報について、ユーザーが必要とする情報を検索したり、詳しく確認したりできるよう操作性を高めるという。利用にはMicrosoft アカウントが必要となる。

 現在のセキュリティ情報は「セキュリティ TechCenter」で提供しているが、例えば、情報を検索する場合に「MS●●(西暦の下2桁)-XXX(3桁の番号)」のセキュリティ情報やKB(サポート技術情報)、CVE(共通脆弱性識別子)、また、製品もしくはコンポーネントを指定する。新サイトではKBやCVE、日付のほか、製品カテゴリーや製品名、深刻度、脆弱性の種類といった条件で検索でき、ユーザー環境の製品に限定したフィルタリングやRESTful API経由での情報入手ができるとしている。

プレビュー公開された「Security Updates Guide(セキュリティ更新プログラムガイド)」
従来のセキュリティ情報提供サイト

 当面中は新サイトと既存サイトの両方でセキュリティ情報が提供されるが、2017年1月の月例セキュリティ更新プログラムより後の情報提供は、新サイトでのみ行うという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -