ニュース
» 2016年11月18日 08時20分 UPDATE

パソナとIBM、サイバーセキュリティ人材の育成コンテンツ開発で協業

両社の強みを生かしたセキュリティ教育コンテンツの開発と研修で、セキュリティ人材の輩出を目指す。

[ITmedia]

 パソナと日本IBMは11月17日、セキュリティ技能を持つ人材を育成し、市場に輩出することを目的に、サイバーセキュリティ教育コンテンツを開発するために12月から協業すると発表した。

 両社は、巧妙化・複雑化するサイバー攻撃によるリスクの高まりが予想される中、サイバー攻撃から企業システムを守るために、専門知識と豊富な経験を持ったサイバーセキュリティ人材の拡充が必要であり、優れた教育コンテンツや研修体系の確立が求められていると説明している。

 協業では、パソナが持つ教育・人材育成のノウハウと、IBMが提供してきた最先端のセキュリティーサービスの豊富な経験を活用。IBMはサイバーセキュリティに関するノウハウ、ナレッジを提供し、パソナが作製する教育コンテンツの支援するという。

 両社それぞれの強みを生かすことで、競争力ある高度な教育コンテンツを効率的に開発し、それを活用した研修を実施しすることで、サイバーセキュリティ人材の育成の支援を行うとしている。

ALT 「パソナグループ」サイト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ