ニュース
» 2016年12月01日 08時50分 UPDATE

Amazon.comのAWS、年次イベントで「Amazon AI」など多数のサービスを発表(まとめ)

AWSが年次イベント「AWS re:Invent 2016」で、人工知能サービスや大型トラックでのデータ搬送サービスなど、多数の新サービスを発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.com傘下のAmazon Web Services(AWS)は11月30日(現地時間)、ラスベガスで開催の年次イベント「AWS re:Invent 2016」で、多数の新サービスを発表した。

 本稿では発表されたサービスについて簡単に紹介する。詳細は各サービス名のリンク先を参照されたい。

「Elastic GPUs for EC2」

 「Elastic GPUs for EC2」は、低コストのGPUの機能をEC2インスタンスに追加するサービス。3Dモデリングやレンダリングなどのグラフィックス関連のワークロードでワークステーションレベルのパフォーマンスを発揮するとしている。既存のすべてのインスタンスに対応する。GPUメモリは1〜8GBから選択できる。プレビューを利用できる。

 aws 1 Elastic GPUs for EC2

仮想プライベートサーバ「Amazon Lightsail」

 「Amazon Lightsail」は、SSDベースのストレージ、DNS管理、固定IPが事前設定された仮想マシンを起動できるサービス。幅広いOSや開発環境を選択して起動できる。同日から正式サービスとして利用できるようになっている。料金プランは以下の通り。

 aws 2 Amazon Lightsail

人工知能サービス「Amazon AI」

 「Amazon AI」は、人工知能(AI)採用サービス。音声やテキストを使った会話式インタフェース構築の「Amazon Lex」、テキスト読み上げ機能「Amazon Polly」、ディープラーニングに基づいた画像解析サービス「Amazon Rekognition」で構成される。現在、それぞれの機能を試せるようになっている。

 aws 3 Amazon AI

解析サービス「Amazon Athena」

 「Amazozn Athena」は、S3に保存したデータに対話的にSQLクエリを実行できるサーバレスクエリサービス。S3上のデータを指定し、フィールドを定義してクエリを投げると数秒で結果を得られる。

 aws 4 Amazon Athena

 同サービスは、US EasetとUS Westリージョンで同日提供開始。他のリージョンも数カ月中に利用可能になる見込みだ。

「Amazon Aurora」がPostgreSQL互換に

 「Amazon Aurora」はAWSのリレーショナルデータベース。これまでMySQL互換だったが、新たにPostgreSQL互換のエンジンが追加された。従来環境のPostgreSQLに比べて、2倍の性能を提供するとしている。同サービスは現在、プレビュー版だ。

トラックで大規模データを移送する「AWS Snowmobile」

 「AWS Snowmobile」は、特別仕様の大型トラックで大規模データを搬送するサービス。

 aws 5 AWS Snowmobile

 同社は昨年のAWS re:Invent で「Amazon Snowball」という名称のデータ搬送用ポータブル記憶装置を発表しており、Snowmobileはそのトラック版といえる。

動画付き記事

FPGA利用可能な「Amazon EC2 F1」インスタンス

 「Amazon EC2 F1」は、EC2に新たに加わるFPGA(Field ProGrammable Array)利用に最適化されたインスタンス。FPGAとは、名称通り、購入者がプログラムできるゲートアレイを持つプロセッサだ。F1では、カスタムロジックを30回まで書き込める。FPGAの仕様などについてはEC2のページを参照のこと。



 AWSの売り上げは好調で、直近の業績発表によると、AWSの売上高は前年同期比55%増の32億3100万ドルだった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -