ニュース
» 2016年12月15日 08時01分 UPDATE

Firefoxの更新版「50.1」公開、深刻な脆弱性を修正

「Firefox 50.1」「Firefox ESR 45.6」では13件の脆弱性が修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Mozilla Foundationは12月13日、WebブラウザFirefoxの更新版を公開して複数の深刻な脆弱性に対処したことを明らかにした。

 Mozillaのセキュリティ情報によると、最新版となる「Firefox 50.1」では計13件の脆弱性を修正した。このうち4件は重要度が4段階評価で最も高い「最高」に分類され、潜在的に悪用可能なクラッシュを引き起こしたり、任意のコード実行に利用されたりする可能性が指摘されている。

 他にも情報流出やセキュリティ制限回避の原因となる脆弱性が多数修正されている。

 Firefoxの延長サポート版も「Firefox ESR 45.6」に更新され、50.1と同じ13件の脆弱性が修正された。

photo Mozillaの脆弱性解説

関連キーワード

Firefox | 脆弱性 | Mozilla


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ