ニュース
» 2017年01月24日 08時22分 UPDATE

Apple、iOSやmacOS Sierraをアップデート 多数の脆弱性を修正

「iOS 10.2.1」「watchOS 3.1.3」「tvOS 10.1.1」「macOS Sierra 10.12.3」「Safari 10.0.3」およびWindows向けの「iCloud for Windows 6.1.1」が公開された。

[鈴木聖子,ITmedia]
photo 「iOS 10.2.1」では、WebKitやカーネルなどに存在する脆弱性が多数修正された

 米Appleは1月23日、macOS SierraやiOS、Safari、Windows向けiCloudなどのセキュリティ情報を公開し、それぞれ多数の脆弱性を修正したことを明らかにした。

 このうちiPhoneやiPad向けの「iOS 10.2.1」では、WebKitやカーネルなどに存在する脆弱性が多数修正された。細工を施したWebコンテンツを使って任意のコードを実行されるなど、深刻な脆弱性も多数を占める。

 併せてApple Watch向けの「watchOS 3.1.3」とApple TV向けの「tvOS 10.1.1」も公開され、iOSと共通するWebKitやカーネルの脆弱性などに対処した。

 「macOS Sierra 10.12.3」ではPHPの更新によって複数の問題に対処したほか、アプリケーションを使って、カーネル権限で任意のコードを実行できてしまうBluetoothやGraphics Driver、カーネルの脆弱性などが修正されている。

photo アップデート後のバージョン一覧

 また、以上のOSに共通する脆弱性として、オープンソースの圧縮フォーマットライブラリ「Libarchive」の脆弱性も修正された。この問題を悪用されれば、細工を施したアーカイブを解凍することによって任意のコードを実行される恐れがあった。

 「Safari 10.0.3」と「iCloud for Windows 6.1.1」は、主にWebKitの脆弱性を修正するアップデートとなっている。

関連キーワード

脆弱性 | iOS | Apple | macOS Sierra


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -