ニュース
» 2017年02月23日 09時52分 UPDATE

Apple、Logic Pro Xの更新版を公開 メモリ破損の脆弱性を修正

この問題を悪用すれば、細工を施したGarageBandプロジェクトファイルを開かせることによって、任意のコードを実行できてしまう恐れがある。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは2月21日、音楽制作ソフト「Logic Pro X」の更新版を公開し、深刻な脆弱性に対処したことを明らかにした。

 Appleのセキュリティ情報によると、更新版の「Logic Pro X 10.3.1」ではCiscoのセキュリティ部門Talosから報告された1件のメモリ破損の脆弱性を修正した。この問題を悪用すれば、細工を施したGarageBandプロジェクトファイルを開かせることによって、任意のコードを実行できてしまう恐れがある。

photo Logic Pro X 10.3.1のアップデート内容

 同じ脆弱性は、2月13日に公開された「GarageBand 10.1.6」でも修正されていた。

 Logic Pro X 10.3.1はOS X 10.11(El Capitan)以降のバージョン(64ビット)に対応する。

関連キーワード

作曲ソフト | 脆弱性 | Apple


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ