ニュース
» 2017年08月30日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:匿名通信ツール「Tor」はほぼ確実に“身元バレ”する?

その匿名性から闇取引などの犯罪に利用されることもある「Tor」。実はそのユーザーの身元が特定できる可能性があることが明らかになったという。どういうことなのか。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 通信の匿名性を高めるソフトウェアの「Tor」。犯罪用のソフトウェアではないが、違法薬物の取引などの不正行為に手を染める犯罪者が、身元の特定を防ぐためにTorを利用することは珍しくない。だがセキュリティの専門家によると、Torユーザーの身元は高い信頼性で明らかにできる可能性があるという。

 セキュリティ専門家によると、米連邦捜査局(FBI)は「極めて高い信頼性で、Torユーザーの身元を明らかにできることを何度も証明している」という。実際に2015年には、FBIがTorユーザー1000人以上の身元を突き止めたことが明らかになった。Torの一般に知られていなかった脆弱(ぜいじゃく)性を利用したものとみられている。

 TechTargetジャパンの人気記事を再構成した本資料では、Torを組み込んだWebブラウザ「Tor Browser」を含め、Torの匿名性を脅かす出来事を振り返る。

ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -