連載
» 2017年09月05日 07時00分 公開

半径300メートルのIT:無意識の設定であなたの居場所がダダ漏れに? iPhoneのこんな設定に注意 (1/2)

なぜ、このアプリが位置情報を使ってるの? 無意識に行ったスマホのプライバシー設定であなたの位置情報がダダ漏れしてるとしたら……。

[宮田健,ITmedia]

 2017年9月12日に、Appleがイベントを開催すると発表しました。最初のiPhone登場から10周年にあたることから、新型iPhoneを披露するとみられています。

Photo Appleがイベントを開催するSteve Jobs Theater

 新モデルの登場も楽しみですが、私の場合、さらに楽しみなのはiOS 11やmacOS High Sierraなどの新しいOS。特にiCloudストレージを家族で共有できるようになるのがうれしいですね。

 iOS 11のもう1つの大きな変化は、位置情報の取得がより“利用者目線”になることかもしれません。これまでアプリごとの位置情報設定は、「常に許可」と「許可しない」の2択でしたが、iOS 11からアプリベンダーは、「このAppの使用中のみ許可」を選択肢に加えることが必須となります。位置情報は、個人情報の中でもかなり人の機微に触れるものなので、この変更はとても理にかなっていると思うのです。

 そこで今回は、今、皆さんのiPhoneに入っているアプリから、どれくらいの位置情報が取られているかをチェックしてみたいと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -