ニュース
» 2017年09月11日 07時00分 公開

新しいモバイル認証システム開発へ、米携帯大手4社がタスクフォース設置

詐欺やなりすましといった不正を減らすため、2018年をめどに新しいモバイル認証ソリューションの開発を目指す。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米AT&Tなど携帯電話大手4社は9月8日、新しいモバイル認証ソリューションを開発するための組織「Mobile Authentication Taskforce」を発足させた。

 同組織にはAT&TとSprint、T-Mobile、Verizonの4社が参加する。それぞれがリソースを提供して、2018年をめどに先進的なモバイル認証ソリューション開発を目指す。

新しいモバイル認証ソリューションを開発する 新しいモバイル認証ソリューションを開発する

 その背景として、現代のモバイルユーザーは多数のアプリケーション用の覚えにくいパスワードをいくつも管理するという難題に直面し、たとえベストプラクティスに従っていても、ソーシャルエンジニアリングの手口でだまされて、パスワードを盗まれることもあると指摘する。

 そうした問題に対応するため、新ソリューションではネットワークベースのデバイス認証や位置情報、SIMカード認識といった手段を利用。携帯電話ネットワーク上のデータや行動パターンを分析することによって、高い精度でそのユーザーが本人かどうかを確認して、詐欺やなりすましといった不正を減らすことを目指す。

 同組織で開発するソリューションについてはオープンなアプローチを採用し、アプリ開発者や業界団体、サードパーティーなどと連携する方針を打ち出している。

Press Release AT&TとSprint、T-Mobile、Verizonによるプレスリリース

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ