ニュース
» 2017年10月17日 10時11分 公開

「WPA2」の脆弱性、メーカー各社が対応表明 MicrosoftとLinuxは対応済み

Microsoftは10月10日に公開した月例セキュリティ更新プログラムで対応済み。特に深刻な影響が指摘されるAndroidは数週間以内に対応予定だという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Wi-Fiで使われている暗号化技術「WPA2」(Wi-Fi Protected Access II)に脆弱性が報告された問題で、メーカー各社がパッチ公開などの対応を表明している。

 米Microsoftは10月10日に公開した月例セキュリティ更新プログラムで、Windowsに存在していたWPA2の脆弱性に対処していたことを明らかにした。この脆弱性に関する詳しい情報を16日付で公開している。

photo 米Microsoftは10月10日に公開した月例セキュリティ更新プログラムで、WPA2の脆弱性に対処していたことを明らかにした

 特に深刻な影響が指摘されているAndroidについては、米メディアThe Vergeの報道によれば、Googleが「数週間以内に」パッチを公開すると説明した。Google端末のPixelについては、11月6日の月例パッチで対応する予定だという。

 一方、AppleInsiderによると、AppleはmacOS、iOS、tvOS、およびwatchOSのβ版で、既にWPA2の脆弱性を修正済みだと説明している。

 LinuxはUbuntuやOpenBSDなどのディストリビューションがパッチを公開済み。ルータはNetgearなどのメーカーがパッチを公開している。

 Ciscoは複数の製品が影響を受けることが分かり、確認が済み次第、ソフトウェアアップデートで対処すると表明した。

photo Ciscoも影響を受ける製品をラインアップしている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -