連載
» 2018年02月04日 08時00分 公開

ひといくNow!人材育成の今とこれから:一体感があり、風通しの良い職場のリーダーがやっていること (1/2)

会議で主体的な意見が出ない、意見がバラバラでまとまらない、新しい取り組みに否定的……そんな“思考停止”な空気を変え、一体感のある、通しの良い職場をつくるには? 実践しているリーダーたちの共通点とコツを探ります。

[原田由美子,ITmedia]

この記事は原田由美子氏のブログ「ひといくNow!人材育成の今とこれから」より転載、編集しています。


 リーダー対象の研修で、研修の参加目的をお聞きすると「一体感ある職場にしたい」「風通しの良い職場がつくりたい」というご意見が圧倒的。

Photo

 その上で現状をお聞きすると、

  • 職場での会話が少ない
  • 会議やミーティングで意見がほとんど出ない
  • 会議やミーティングは「業務報告」が中心で、主体的な意見が出ない
  • それぞれの立場でモノを言うので、話がまとまらない
  • 新しいことに取り組もうとすると、否定的な意見ばかり
  • 仕事を頼みにくい
  • 任せられない

といった、お困りの声が多数上がります。切実ですよね。

“一体感があって成果を上げている”職場のリーダーとは?

 私も社内でミーティングをしていると、「かみ合っていないなぁ……」と感じることがあり、「どうしたらベクトルを合わせられるだろうか?」とずっと悩んできました。

 そこで、“一体感があって成果を上げている”職場のリーダーから学ぼうと考え、観察し続けていると、次の共通点がありました。

 それは、「自分がどうしたいか?」をはっきり持っていること。

 取り組まなければならない仕事のテーマがあったとき、

  1. 何のためにやるのか?
  2. 目標(達成基準)は何か?
  3. 取り組む過程で得たい価値は何か?
  4. やりたいことは何か、やりたくないことは何か
  5. やってみたいことは何か
  6. 大事にしていることは何か
  7. やってほしいことは何か、やってほしくないことは何か
  8. 自分は何ができるのか、何ができないのか
  9. 力を貸してほしいことは何か
  10. 1.〜9.をふまえた上で、優先順位、期限、計画、活用できるリソースは何か

といったことが、はっきり整理されていました。

 そのため、メンバー側から

  • 「こういうことが私はできます」
  • 「これはいかがでしょうか」
  • 「こういうときはどうしたらいいでしょうか?」

といった、提案や相談がしやすいということが分かってきました。

 書き出した内容を見ると、それほど特別なことではない気がします。

 しかし、実際に自分の業務に置きかえて考えてみると、あいまいにしかイメージできていなかったり違う考え方やアイデアが示されるとブレてしまったりすることがありました。それが、メンバーや仕事の関係者から見たときに、分かりにくさや、意見の出しにくさ、動きにくさにつながっていたようです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -