ニュース
» 2018年04月11日 10時00分 公開

Flash Playerの更新版公開、複数の深刻な脆弱性を修正

危険度「Critical」の脆弱性3件を含め、6件の脆弱性が修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Adobe Systemは4月10日、Flash Playerの深刻な脆弱性に対処するセキュリティアップデートをWindows、Mac、LinuxおよびChrome OS向けに公開した。

 Adobeのセキュリティ情報によると、今回のアップデートでは、Flash Player 29.0.0.113までのバージョンに存在する6件の脆弱性を修正した。

 危険度は、同社の3段階評価で最も高い「Critical」が3件、上から2番目の「Important」が3件。悪用されればリモートでコードを実行されたり、情報が流出したりする恐れがある。優先度はWindowsとMac、Chrome OSでは「2」、Linuxでは「3」と位置付けており、差し迫った悪用の危険があるとは判断していないようだ。

photo Flash Playerの最新バージョンは29.0.0.140となる(出典:Adobe)

 脆弱性を修正したFlash Playerの更新版はバージョン29.0.0.140となる。Google ChromeやMicrosoft EdgeおよびInternet Explorer 11(Windows 10または8.1向け)を使っている場合は、自動的に更新される。Microsoftは月例更新プログラムにFlash Playerの更新を含めている。

 Adobeは同日、Flash Playerのほかにも、「Experience Manager」「InDesign CC」「Digital Editions」「ColdFusion」「PhoneGap Pushプラグイン」について、それぞれセキュリティ情報を公開している。

関連キーワード

Flash Player | 脆弱性 | セキュリティ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -