連載
» 2018年07月05日 11時00分 公開

「3か月」の使い方で人生は変わる:成功体験は「3か月」でつくることができる (1/2)

3カ月間、1つのテーマに集中して取り組むことで、誰でもイノベーションを起こせる――。freeeの創業者で代表取締役CEOを務める佐々木大輔氏が説く、仕事と人生をガラリと変える時間術「3か月ルール」とは。

[佐々木大輔,ITmedia]

この連載は

 本連載は、freee創業者・代表取締役CEOの佐々木大輔著、書籍『「3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェア?1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」』(日本実業出版社刊)から、一部を抜粋、編集しています。

 「何かをつかめる、何かが変わる」そういう感触を得られるのが「3か月」という時間で、そこで「1つのテーマ」に取り組むことを繰り返すことで、誰でもイノベーションを起こせる可能性が開けると、本書で著者は説いています。

 本連載では、そのエッセンスを、7回に渡って紹介します。


■書籍『「3か月」の使い方で人生は変わる』からエッセンスを紹介

  • 第1回 成功体験は「3か月」でつくることができる
  • 第2回 Googleの「3か月サイクル」
  • 第3回 「freee」の開発も3か月がポイントだった
  • 第4回 ワクワクしないと続かない
  • 第5回 それは「マジで価値ある」ことか?
  • 第6回 「理想ドリブン」で考える
  • 第7回 世の中に「インパクト」を与えられるか

成功体験は「3カ月」でつくることができる

 3カ月間、1つのテーマに向き合ってみる。

 それも、多くの人が本気で取り組んだことがない課題に向き合ってみる。その方が、取り組んだときの成果は大きいものになる。これは、これまでの体験から実感したことだ。

Photo

 3カ月間集中して取り組むことで、「世の中の価値となるもの」を生み出して大きな自信につながる手応えを感じたのは、大学生のときだった。インターンとして働いたベンチャー企業のインタースコープ(現在のマクロミル)で、新しいシステムを開発した体験がその原点となったのだ。

 その会社は、インターネット上でのアンケート調査を通じて、消費者の行動をモデル化し、予測するプラットフォームをつくることを目指していた。僕はその構想にとても共感し、自分のミッションのようにも感じたものだった。

 とはいえ、実際にやっていたことはけっこう泥くさく、データ分析にたどりつくまでの工程の多くが手作業だった。アンケートの回答データをExcelにコピペして集計し、分析可能なかたちに整えるという。ものによっては丸1日以上かかるような作業だったけれど、そういう手間のかかる作業を、みんなが地道に一つ一つ手作業でやっていたのだ。

 それを1週間くらいやったとき、これは僕のやりたかったこととは、程遠いと感じるようになった。それに加えて、僕は単調な作業がすごく苦手なので、よくミスをしては叱られていた。ついには音を上げて、当時の社長に「こんなの耐えられないから、辞めます」と直訴したのだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -