連載
» 2018年08月28日 07時00分 公開

半径300メートルのIT:「iPhoneを探す」を数時間で無効に スマホを盗んだ犯人の巧妙な手口とは (2/2)

[宮田健,ITmedia]
前のページへ 1|2       

対抗策は「訓練」、そして……

 “人の脆弱性”は、最も直しにくいもの。しかし、その防御率を上げることは可能です。今回の事件はモスクワが舞台でしたが、同じような攻撃はいつ自分に降りかかるか分かりません。だからこそ「訓練」をしておく必要があるでしょう。

phone スマホをなくした場合のプロセスを経験しておけば、不審なメッセージを見破りやすくなります

 まずは紛失時の対策です。ブログの著者も言及していたパニック状態にならないためには、あらかじめスマホを紛失した際の作業を知り、一度は体感しておくことが重要です。あなたが使っているのがiPhoneであれば「iPhoneを探す」を、Android端末であれば新たに登場した「Android デバイス マネージャー」を使ってみるといいでしょう。iPhoneは、間もなく新機種が登場するタイミングです。新機種が届いたら、移行作業をする前になくした場合のシミュレーションを一度やってみるといいでしょう。

 そして、もし不幸にも今回のような高度な手法で自身の端末を盗まれてしまったら、ぜひその不幸話を可能な範囲で“共有”してほしいのです。そうすれば、同じ被害に遭う人数を最小限にできるかもしれません。

 ここ数年発生している大規模なシステム侵害や情報漏えい事件では、その数カ月後に大変詳細な事故レポートが公開されるようになりました。ITシステムに関する事件や事故は、もちろん発生してはならないものですが、発生した場合には、「なぜ起きてしまったのか」という原因を公開することで、被害を学びに変換できるのです。

 今回のブログ記事は、全世界で多くの人に目に触れることで、同様の手口を使った攻撃の被害者を減らせる可能性を持った、素晴らしい共有だったと思います。記事の最後には、被害に遭った著者が学んだ事実が2点書かれています。それは「誰もがだまされる」事実と、「二段階認証さえしていれば防げたかもしれない」という事実。

 皆さんもぜひ、自分の中にある“脆弱性”を“知識のアップデート”で修正しましょう。

著者紹介:宮田健(みやた・たけし)

デジタルの作法 『デジタルの作法』

元@ITの編集者としてセキュリティ分野を担当。現在はフリーライターとして、ITやエンターテインメント情報を追いかけている。自分の生活を変える新しいデジタルガジェットを求め、趣味と仕事を公私混同しつつ日々試行錯誤中。

筆者より:

2015年2月10日に本連載をまとめた書籍『デジタルの作法〜1億総スマホ時代のセキュリティ講座』が発売されました。

これまでの記事をスマートフォン、セキュリティ、ソーシャルメディア、クラウド&PCの4章に再構成し、新たに書き下ろしも追加しています。セキュリティに詳しくない“普通の方々”へ届くことを目的とした連載ですので、書籍の形になったのは個人的にも本当にありがたいことです。皆さんのご家族や知り合いのうち「ネットで記事を読まない方」に届けばうれしいです。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -