ニュース
» 2018年11月07日 11時00分 公開

“LINE WORKS×kintone”連携のチャットbotをノーコーディング作成できる「Joboco」、ジョイゾーが販売開始

ジョイゾーは、ビジネスチャットサービスと業務システムをノーコーディングで連携させ、業務に合わせたチャットbotを容易に作成できるサービス「Joboco」の販売を開始。今回のリリースでは、「LINE WORKS」とサイボウズの「kintone」を連携させたチャットbotを作成できる。

[金澤雅子,ITmedia]

 ジョイゾーは2018年11月7日、「LINE WORKS」「Slack」「ChatWork」などのチャットサービスと業務システムをノーコーディングで連携させ、業務用チャットbotを作成できるサービス「Joboco」の販売を開始した。

 今回は、ワークスモバイルジャパンのLINE WORKSと、サイボウズの「kintone」との連携を提供する。その他のチャットサービスや業務システムとの連携には、今後、順次対応していく。

Photo 「Joboco」で作成したチャットbotの利用イメージ

 同社は、今回の正式販売開始に先立ち、2018年9月5日から、LINE WORKSとkintoneの連携が可能なJoboco β版の無償提供を実施。利用企業によって、既に100を超えるチャットbotが開発されたという。

 例えば、ダイワではβ版を利用して、建設現場を管理するチャットbotを40分で開発。同チャットbotは、現場担当者がチャットbotに「現場名」「位置情報」「故事写真」を送信すると、kintoneの「現場報告アプリ」に自動登録される仕組みだ。

Photo ダイワが40分で開発した「建設現場管理チャットbot」

 Jobocoは、利用できるシナリオ数、会話数などによって、4つのメニューを用意。「スターター」はシナリオ数1、会話数2000までで、価格(以下、税別)は月額2800円(年額3万1900円)。「スタンダード」はシナリオ数10、会話数5000までで月額2万5000円(年額28万5000円)。「プレミアム」はシナリオ数50、会話数1万までで月額6万円(年額68万4000円)。「エンタープライズ」はシナリオ数が無制限、会話数10万までで月額15万円(年額171万円)。プレミアムとエンタープライズは、プッシュ通知機能も備える。購入は、専用サイトで申し込みが必要。購入前に3日間試用できる。

 ジョイゾーでは、今後、Jobocoのオンラインコミュニティーを起点に、サポート体制を整えていく計画。使い方マニュアルを発信する他、ユーザー同士で話しながら解決できるフォーラムも用意する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -