ニュース
» 2019年01月10日 12時00分 公開

5G×MECで“瞬間顔パス”を実現する顔認識システム――NECが「ドコモ5Gオープンラボ OKINAWA」に提供

NTTドコモが沖縄県内に開設した5G技術の検証施設「ドコモ5Gオープンラボ OKINAWA」が、5GとMECの低遅延性を活用したNECの顔認証デモシステムを導入。エッジコンピューティングにより、モバイルネットワーク下でも瞬時の高精細な顔認証を可能にし、イベント会場などへの設置も容易だという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2019年1月9日、NTTドコモが沖縄県内に開設した常設5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ OKINAWA」に、エッジコンピューティングで遅延を低減し、通信処理を効率化するアーキテクチャ「MEC(Multi-access Edge Computing)」を活用した顔認証デモシステムを提供したと発表した。

Photo 5GとMECを活用した顔認証デモシステム(左)と現行ネットワークの構成(右)

 ドコモ5Gオープンラボ OKINAWAは、5Gに関する情報提供や意見交換を主眼とした「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参画する企業・団体向けに、5G基地局装置などの技術検証環境を無償で提供する施設。5Gの新たな利用シーンを創出し、沖縄県の産業振興や各種社会課題の解決を目指している。NECは、同ラボに、4.5GHz帯の周波数を用いた5G基地局装置を提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -